医療訴訟の防止

どうすれば具体的に医療訴訟を防ぐことが可能なのでしょうか?医療訴訟を防ぐためには、まず事実についての確認が必要です。
当事者がどのようなことを行ったかということを、正しく把握することが必要です。

次に、どのような患者側の人に、どのような医療機関側の人が説明するのかということが大事です。
医療機関側の説明が明確でない指揮系統によって、話し合いが十分に事前に行われなくて、統一方針がないようなことでは、説明が支離滅裂になり、事態がさらに悪化する可能性もあります。
さらに、説明の際には適切な場所や時期も考えておくことが大切です。
普段から病院内に、スペースの適切なところを設けておきましょう。

どのような話をするかということが、最も大切なことです。
患者側が医療機関側に説明を求めるのは、納得できない何らかの理由があるためです。
そのため、事前に患者側が、どのようにどのようなことについて納得できないかを把握しておくことが必要です。
そして、患者側の話をしっかりと確認して意向を把握することです。
そうすると、対応できないことと、対応できることなど医療機関側として概略が分かります。
対応すべきでないこと、対応できないことは、きちんとその旨を伝えることが必要です。
この場合には、十分に相手が理解してくれるまで、開き直りと見られないように誠意をもって説明するようにしましょう。
本サイトでは、予防対策が大切、教育をスタッフに行う、についてご紹介します。



▼外部リンク▼
B型肝炎の医療訴訟代行や、給付金請求代行などを行ってくれるサイトです ⇒ B型肝炎 医療訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟の防止 All Rights Reserved.